シャワーの水道修理で蛇口交換が必要な場合とは?

シャワーを使おうとして突然水が出ないととても困ってしまいます。しかしシャワーにも寿命があり10年前後で蛇口 交換などの修理が必要になります。そこで今回はシャワーの蛇口 交換が必要な症状や、選び方などをご紹介します。蛇口 交換と聞くと料金が高いのではと不安に感じてしまいますが、メリットや選ぶ時のポイントを知ることで故障した時でも前向きに検討できるようになります。

■シャワーの蛇口 交換が必要な症状

水道でシャワーからポタポタ程度の水漏れであればパッキンの交換で直すことができますが、お湯や水が全くでない、温度調節ができない、蛇口が錆などで硬いなどの症状があるときは蛇口 交換がおすすめです。設置してから10年を経過しているものは劣化が原因で起こっているため部品交換しても他の箇所が再度壊れてしまい、再び修理しなくてはいけなくなります。修理を繰り返すことで料金も高くなってしまうので、使用年数が長いものは交換を検討しましょう。蛇口だけの値段であれば修理費とあまり差がありません。何度も修理を行うよりはお得になるかもしれません。

■シャワー修理の選び方

シャワーの蛇口 交換を行う時は取り付ける位置が壁に直接なのか、台にするかで水栓の種類が変わってきます。現在使用しているタイプと別のものを選択する場合は新たに設置工事をしなくてはいけないため、リフォームなども行っている業者に相談するのがおすすめです。新しいタイプに交換すると、修理を行う前よりも水道料金が節水されるので安く済むものがあったり、使いやすくなるなどメリットも多くあります。

■まとめ
シャワーの水道修理で蛇口 交換が必要な症状をご紹介しました。一度不具合が出てしまうと改善することはありませんので、使えなくなる前に早めに検討するようにしましょう。部品や修理費を合わせた金額と交換する金額にあまり差はありませんので、料金面で気になった方は見積もりをとってみると比較できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ